クリスと犬21
クリスと犬22

痛みを無駄にしない男、クリストファー!!

昨日書いた通り、犬に噛まれた傷は大したことなかったし、痛みもそれほど無かったそうなのですが、その後が大変でした…。
病院で敗血症予防とやらのごくぶと注射をズシャッと打ってもらい(誇張ではなく、本気でこのくらいの勢いでした。しかも両腕に一本ずつ、計二本)一週間分の抗生物質をもらって飲み続けないといけませんでした。
敗血症って、私は日本では聞いたことなかったけど、ポピュラーなものなんでしょうか。
あんなに太い注射見たことがなかった…。
クリストファーが注射をされる時、私(痛いのちょう苦手)があんまり顔面蒼白だったからか「刺されるあなたよりもあなたの奥さんの方が辛そうね」って言ってました。

病院ではまずレントゲンで写真を撮って、噛んだワンちゃんの歯の欠片などが残っていないか確認したそうです。
私は経験無かったけど、ワンちゃんに噛まれるのって大変なことなんですね。
ババアを守ろうとした(まあクリストファーは何もしてないけど)健気なワンちゃんでした。
今後は人を噛んだりしないように、ババアがちゃんと対処してくれることを願います。

ちなみにクリストファーの「猫飼いたい」という願いはこの機会だけじゃなくずいぶん前から言っているんですが、まだ叶えられていません。
もしも妊娠出来たら、それと一緒に飼いたいなぁと勝手に思ってます。
猫と赤ちゃんで一緒にもりもり育って欲しいです。

病院から出た後、本当に満身創痍でヨロヨロ歩いていたクリストファーが放った一言は「ブログのネタにしなよ」……ありがとうございます!!
家に帰ってから、注射した場所が痛いって言うので見てみたら注射周りがぷくーっと腫れてました。↓

20170314_184801


写真だと見えにくいかもしれない…?
とにかくクリストファーにとって災難な一日でした。

リアルタイムな事件だったのでこれを挟みましたが、明日からはまた入籍した時期の続きを描いていきたいと思います。