そういえば彼は犬を飼ってたっけな1
そういえば彼は犬を飼ってたっけな2

私はどっちも食べたことないけど、猪肉の缶詰はワンちゃんのごはんの味がするらしいです。

このラトビア旅行は確かちょうど一年前くらいの話だったと思います。
ニキとニキのパパママ・祖父母・祖父母の友人達という大勢での旅行に、ニキの面倒を見るベビーシッターとして私も同行しました。
私はお仕事をもらっている立場なのでどうこう言わないけど、そんなに大人がたくさんいて両親が揃ってて、その上ベビーシッターを必要とするのってどうなんだろう…とはちょっと思います。
普段は両親ともに家にいないからベビーシッターを雇うのはもちろん理解出来ますが、旅行の時くらいニキにつきっきりでいてあげてもいいんじゃないかなー…なんて思います。
よそのおうちのことにぐだぐだ言うのは悪趣味ですけど、私は自分の子供が出来たらもっと子供との時間を取りたいなぁ。

ニキは前の記事に書いた通り、車を始めとした乗り物が大好きで、エンジンなど内部に興味津々です。
ドイツのフランクフルト空港からラトビアまでは確か二時間くらいで着いたと思います。
ニキは飛行機の大きな音にビビることもなく終始楽しそうでした。

ラトビアはずっとドイツに支配されていた影響で、特にある程度の年代から上の人達はラトビア語に加え、ドイツ語とロシア語が話せる人達ばっかりでした。
こういう、ハーフでもないのにバイリンガルトリリンガルに育つ国ってすごく面白いなぁと思います。
日本では英語教育こそあるものの、特別な事情が無ければバイリンガルには育たないもんなぁ。

時期は3月くらいだったのですが、ラトビアはまだまだものすごく寒かったです。北の方だから?
だから二コマ目に書いたように、路上で年配の人達が手編みのマフラーや手袋を売っていました。
ニキのパパによると、ラトビアはまだまだお金持ちの国じゃないから、こうやって生計を立てている年配の方々がたくさんいるんだとか。
自分用と日本にいる家族にこの手編みの手袋を買ったんですが、すごくあったかかったです。

ちなみに友達のともくんはこの間書いた誤字を指摘してくれた友人です。
犬種とか私は全然よく分からないんですけど…確かなんか、白くて小さくてフワフワした…わたあめみたいなワンちゃんを飼ってます。
ペティグリーチャムってなんか聞いたことあるなあと思ったんですけど、多分日本にいた頃にCMかなんかで聞いたんでしょうね。
ワンちゃんに縁の無い生活を送ってきたのでぱっと思い出せなくてその場ではスルーしてしまい、あとからググって知りました。