605.ハンガリー②1
605.ハンガリー②2

マリーおばさん、生誕!

そんなに良くしてもらったならもう家族同然だっただろうに、ある日いきなりいなくなってるって想像しただけで悲しい…。
もちろん、本当の家族でもなければユダヤ人でもない家政婦のおばあちゃんを連れて行く理由は無かっただろうけど、やっぱりショック…。
夜逃げすることを伝えなかったのも、ひょっとしたらハンガリー・ドイツハーフのおばあちゃんの口からドイツ軍にバラされるかもって不安があったからなのかも…?って考えるとますます悲しい。

しかも、実家に帰ったら帰ったで今度は見知らぬロシア兵達との同居開始!!
(当時はロシアじゃなくてソ連だったはずだけど、おばあちゃんがこれを話してくれた時にロシアって呼んでたのでそれで統一してます)
きっと素敵なお庭だっただろうに、ドイツ軍へのラケット発射場にされて…
気の休まる時なんて無かったんだろうなぁ…。

それにしてもこの頃のナチス・ドイツの話はすごく残酷。
ドイツ人がこうやってめちゃくちゃ敏感になるのも仕方ないなぁって納得します↓
「49.YOGOBOについて心当たりのある方はぜひ教えて下さい」
ヨゴボ3

「113.三└(┐卍^o^)卍 異文化交流の注意点!」
卍3

「124.割と写実性を求めるクリス」
前髪3

「219.子の名付けとナチスタブー」
SS3

~コメント返信~
yurikoさん:
私のおじいちゃんおばあちゃん(両方の4人)は広島の原爆を経験しているのでその事ブログで書こうかな、、 
すごい影響を受けてばかりですが、、

読みたい読みたい!!

ALFRED061さん:
ん、クリスおばあちゃんが1/2、クリスママ1/4、クリス1/8、フリッツ君1/16では?

ホントだ、間違えてたー!!
ご指摘ありがとうございます!修正しときました~!!

ぽに子さん:
私の母方の祖父は現在96歳なんですが、20歳の時に戦争で中国へ召集されたそうなんです。私もぱんたさんみたいに時々その時の話を聞いたりします。 

あ!そういえばわたしの日本のおばあちゃん(95歳)もおじいちゃんと一緒に一時期中国にいたって言ってた!
日本にいた頃もっと色々聞いてみればよかった…。

みやびさん:
私たちは戦争を知らないから、戦争を経験された方の話はとても貴重だよね。 
戦争を経験された方もご高齢になってきているからこういう話を書いてみんなに読んでもらってブログに記録を残す事はいいことだと思う。 
ぱんてゃありがとう!

こちらこそ、読んでくれてありがとう!!
こういう記憶は、色んな形で未来に伝えていきたいよねぇ…。

東欧からさん:
あと昔はハンガリーの領土って大きかったんですよね?おばあちゃんは今のハンガリーの場所にいたんですか?

ブダペストの近くだそうです!

あすかさん:
フリッツくんが、大事なものをタンスの裏に隠すようなら、本当に ひいおじいちゃんかもしれない(笑)。 

将来が楽しみ!しっかり注目しとかなきゃwww

箱根の海沿いさん:
そうそう、先日参加させてもらったFacebookのドイツ語学習グループに、さっそくパンちゃんのこのブログを紹介させてもらいました。多くの「いいね!」を頂いて見てもらったと思います。(それと同時に、ランクが7位にアップしたので、もしや貢献したのでは?と勝手に思っていますよ)

わー!嬉しいー!!ありがとうございます!
ドイツが大好きな人がこのブログ見て、もっとドイツ大好きになってくれたらいいなぁ!!

名無しのヤーパンさん:
2年前にベルリンの収容所に意を決して行きました。辛すぎて私はポーランドを訪ねるのは無理だと悟りましたが、今回のはすごく気になるお話です。 

うおお…私もドイツが大好きでドイツに住んでる以上、いつかは絶対に行かなければ…!

ててんさん:
仏教でもインド側だと生まれ変わりはカルマのせいで同じ家庭や一族に生まれ変わることがないですが、日本はどうなんでしょうかね? 
むしろ前世で何か繋がりがあったとか 
恩人だったとか友人だったとか 
そのほうがファンタジーですねw

へー!?そんな違いがあったなんて知らなかった!

みゆきさん:
個人的には食育は大事かと思います!食育は向こうだったので未だに10年以上育ってきても日本食に慣れません!おでんとかお寿司や生物など。。 

全部読んでくださってありがとうございます~!!
ハーフのかたからの貴重な実体験!参考になる!
時々日本食も食べさせるようにしなきゃ~!

記事誘導カルチャーショック

↓こんな過酷な環境でも無事に産まれたマリーおばさんに応援のクリックよかったらお願いします!!
(クリックは一日一回有効らしいです!)