ぱんをたずねて2000里ちょい

ぱんをたずねて2000里ちょい

2013年に憧れと好奇心と勢いだけで単身ドイツに飛び、現実を知り苦労しながらも何とか生き延びた末に今ではドイツ人夫とハーフの息子を持つ能天気な日本人、ぱん田ぱん太のブログです。カルチャーショック、海外生活、海外での子育て・育児、国際結婚(国際恋愛)、ドイツ語の話などが主です。

2019年12月

※多くのぱん友さんが心配してくれている離婚について、とりあえず一番最初の経緯を描きます。※なるべく自分が悪かった部分も正直に描くつもりだけど、あくまでわたし視点です。もしあちらだけが悪いように見えたらそれは間違いです。※しばらくネガティブな話になります。
続きを読む

※多くのぱん友さんが心配してくれている離婚について、とりあえず一番最初の経緯を描きます。※なるべく自分が悪かった部分も正直に描くつもりだけど、あくまでわたし視点です。もしあちらだけが悪いように見えたらそれは間違いです。※しばらくネガティブな話になります。
続きを読む

※多くのぱん友さんが心配してくれている離婚について、とりあえず一番最初の経緯を描きます。※なるべく自分が悪かった部分も正直に描くつもりだけど、あくまでわたし視点です。もしあちらだけが悪いように見えたらそれは間違いです。※しばらくネガティブな話になります。
続きを読む

※多くのぱん友さんが心配してくれている離婚について、とりあえず一番最初の経緯を描きます。※なるべく自分が悪かった部分も正直に描くつもりだけど、あくまでわたし視点です。もしあちらだけが悪いように見えたらそれは間違いです。※しばらくネガティブな話になります。
続きを読む

※多くのぱん友さんが心配してくれている離婚について、とりあえず一番最初の経緯を描きます。※なるべく自分が悪かった部分も正直に描くつもりだけど、あくまでわたし視点です。もしあちらだけが悪いように見えたらそれは間違いです。※しばらくネガティブな話になります。
続きを読む

※多くのぱん友さんが心配してくれている離婚について、とりあえず一番最初の経緯を描きます。※なるべく自分が悪かった部分も正直に描くつもりだけど、あくまでわたし視点です。もしあちらだけが悪いように見えたらそれは間違いです。※しばらくネガティブな話になります。
続きを読む

ਹੈਲੋ!今日のメイン記事で、ドイツに来たばかりの頃のことをいろいろ思い出しました。最初に住んだ町のフライブルクは、伝統も残っているけど都会で、留学生も外国人も多いからグローバルで、オープンで、食べ物もおいしくて、人も優しくて、何より個人的ないろんないい思
続きを読む

※多くのぱん友さんが心配してくれている離婚について、とりあえず一番最初の経緯を描きます。※なるべく自分が悪かった部分も正直に描くつもりだけど、あくまでわたし視点です。もしあちらだけが悪いように見えたらそれは間違いです。※しばらくネガティブな話になります。
続きを読む

※多くのぱん友さんが心配してくれている離婚について、とりあえず一番最初の経緯を描きます。※なるべく自分が悪かった部分も正直に描くつもりだけど、あくまでわたし視点です。もしあちらだけが悪いように見えたらそれは間違いです。※しばらくネガティブな話になります。
続きを読む

※多くのぱん友さんが心配してくれている離婚について、とりあえず一番最初の経緯を描きます。※なるべく自分が悪かった部分も正直に描くつもりだけど、あくまでわたし視点です。もしあちらだけが悪いように見えたらそれは間違いです。※しばらくネガティブな話になります。
続きを読む

※多くのぱん友さんが心配してくれている離婚について、とりあえず一番最初の経緯を描きます。※なるべく自分が悪かった部分も正直に描くつもりだけど、あくまでわたし視点です。もしあちらだけが悪いように見えたらそれは間違いです。※しばらくネガティブな話になります。
続きを読む

赤ちゃんの大きさっていうか、例外も多いにせよ、国ごとの体系の違いってホント分かりやすいですよね。タイレストランの女の人とか見ると、本当に顔から背からすっごく小さい!この女の人から生まれる赤ちゃんはそりゃちっちゃいよなぁ。
続きを読む

同じ子を持つママさんや、年配の方に子供について寛容になってもらうことは多いけど、若い男性からそういう経験をするのは珍しい。珍しいから余計にうれしかった。この男性に幸せなことがたくさんおきますように。
続きを読む

※多くのぱん友さんが心配してくれている離婚について、とりあえず一番最初の経緯を描きます。※なるべく自分が悪かった部分も正直に描くつもりだけど、あくまでわたし視点です。もしあちらだけが悪いように見えたらそれは間違いです。※しばらくネガティブな話になります。
続きを読む

※多くのぱん友さんが心配してくれている離婚について、とりあえず一番最初の経緯を描きます。※なるべく自分が悪かった部分も正直に描くつもりだけど、あくまでわたし視点です。もしあちらだけが悪いように見えたらそれは間違いです。※しばらくネガティブな話になります。
続きを読む
×