※リアルタイムのお話ではありません。
※みんなの応援や共感はもちろん、厳しく冷静な意見もありがたく読ませてもらってます。ただし、明らかな悪意がある侮辱的なコメントのうち、わたしが絶対に許せないと感じるレベルのものがあった場合、時間・お金・労力を惜しまず発信者情報開示請求、損害賠償請求をする覚悟があります。今後そういったコメントをしたいひともそれを覚悟の上してください。
※わたしは個人的な実体験を描いているだけなので、それを「ドイツ・ドイツ人」という主語に広げないよう注意してください。わたしはドイツが大好きです。
※コメント欄が荒れないためのルールがあります。
・命名は超適当でいいから必ず固定ハンドルネームでコメントする。
・ただし、元デフォルトネームの「ぱん友」とか「名無し」とか、他のひとと被りそうなものは無し。
・固定ハンドルネームはその記事内のみ固定。別の記事ではまた別のハンドルネームでOK。
・仮に同じIPで複数のハンドルネームを使い分けたり、デフォルトネームのままコメントしているものがあったら、わたしがメッセージを添えます。
・ルール違反してるコメントはスルー推奨。
・わたしや元義家族や他の読者さん、誰に対してでも関係無く、過激な言葉や表現を使ったコメントを書くのはやめよう。


前回のお話↓
「1214.ドイツの国際離婚と親権147 ドイツに戻ってから」
2214.ドイツに戻って733


2214続き.ドイツに戻って74

この当時、元夫はフレードがわたしの味方をしたことに対して
「ひょっとしたら僕にも悪い部分があるのかもしれない」でもなく
「僕の味方をしないあいつは最低なやつだ」でもなく
「お前がフレードを洗脳したんだろう、そうじゃなきゃ100%悪いお前の味方をするはずがない」っていうわりとびっくらぽんな考えだった。そんなカリスマ性わたしには無いわ。

っていうお話に関連して、わたしが時々言われる「ファンにアンチを批判させてる」っていう思考とよく似てるよなぁって思う。
わたしには誰かをコントロールするカリスマも賢さも権力も無いから、攻撃「させる」ことなんて出来ないし、あまりにも人の意思を無視してる思考だと思う。
ファンのひとがアンチを批判したとしたら、それはわたしに「させられた」んじゃなくて、1人の人間であるそのひとの意思なのに。
自分が「こんなことがあって嫌だった!」と言った時にどれだけのひとが自分に同調して味方をしてくれるかは、第一に「どれだけ優しいひとたちが周りにいるか」(わたしはこの要素が一番大きいし本当に恵まれてると思う)、第二に「どれだけ自分が周りのひととの絆を作り上げてきたか」第三に
「どれだけ賛同を得られやすい意見を表明するか(第一と第二の要素が揃ってても例えば「殺人は合法化されるべき」とか言ったらみんなが味方してくれるわけない)」
であって、「どれだけ周りをコントロール出来るか」って問題じゃないと思う。

1コマ目はこの記事↓以来増え続けてるフレード親衛隊の皆さん


Datei 14.06.20, 19 01 14

これまでのお話↓
【離婚を決める前の生活】
/////////////////////////////////

【離婚を決めたきっかけ】
////////////////51/52/53/54/55/56/57/58/59/60/61/62/63/64/65/66/67/68/69/70/71/72/73/74

【ドイツに戻ってから】
75/76/77/78/79/80/81/82/83/84/85/86/87/88/89/90/91/92/93/94/95/96/97/98/99/100/101/102/103/104/105/106/107/108/109/110/111/112/113/114/115/116/117/118/119/120/121/122/123
/124/125/126/127/128/129/130/131/132/133/134/135/136/137/138/139/140/141/142/143/144/145/146

次回のお話↓
「1216.ドイツの国際離婚と親権149 ドイツに戻ってから」
2216.ドイツに戻って753


記事誘導クリス

↓よかったらクリックで応援してください!!
(クリックは一日一回有効らしいです!)
通知ボタン