つわり21
つわり22

やっぱり子供の頃から食べてきたものが一番欲しくなるんですね…。
食育ってすごい。

195.つわり①」の続きになります。
ネットで見た限りでは、食べづわりの人の中には「常に何か口にしていないと落ち着かない」という人もいるみたいです。
それだったら多分、もうちょっと楽だったのかもしれません…(摂取カロリーには相当気を付けないといけないらしいですが)
私はもうとにかく吐き気があろうが無かろうが常に「何も食べたくない」というのが続いたので、食事が大変で仕方ありませんでした。
クリスのママは「私が妊娠した時は信じられないくらい食欲旺盛になったのにねえ、ぱん太は大変ねえ」と同情してました…。
元々フルーツが大好きだったので、フルーツなら食べられる!と積極的にお野菜・フルーツを食べていたのですが、やっぱりその辺だけだと腹持ちが悪くてすぐにおなかが減っちゃうので、結局頑張ってバターも何もつけないパン一個をもそ…もそ…って食べたりしてました。

私は病気とか夏バテになっても食欲とかそこまで落ちないタイプだったので、「食べたくないけど食べなきゃいけない」経験が初めてでした。
この記事↓
「161.誰かに共感して欲しいクリス」
体型3

で書いたようなクリスの気持ちがちょっとだけ分かったかも…。

「もう食事のこと考えるだけで苦痛…でも○○は食べたい」
(そして、この○○の中には基本的に手に入らない日本食が入る)
という欲求が満たされないのは辛かった。
皆さんには、せめてつわりがある時期だけは母国で過ごすことをおすすめします!(笑)

記事誘導妊娠

↓アメリカ産のさつまいもに関しては、今日のおまけ記事で描かせていただきます…そんなぱん太に応援のクリック、よかったらお願いします!!