睡眠時間

気持ちは分かるけど、ドイツでは時計に従って生きる文化が出来上がってるんだよ!

メイン記事で拙いながらもご説明させていただいた通り、サマータイムに切り換わる時は1時間分時間がぶっ飛ぶので、例え夜の12時に寝て朝の6時に起きたとしても、6時間ではなく5時間しか寝てないことになるんですよね。
夜更かしなクリスはただでさえ少ない睡眠時間を一時間も奪われるのが何より嫌いなのです。
(じゃあ夜更かしするなよって言うのは簡単なのですが、例え早めにベッドに入っても結局寝られないらしい)
逆に、サマータイムから標準時間に戻る時は1時間分時間が戻るので、12時に寝て6時に起きたとしても7時間寝られるんですけどね!
ちなみにクリスだけでなく、今までに出会ったドイツ人の多くが「サマータイムほど百害あって一利なしなものはない。廃止すべきだ」って言っていました…メイン記事の方で「節電効果を狙った」って書きましたが、それもあんまり効果出てないらしいから…いつか無くなるかも?

記事誘導クリス

↓政府に時間を奪われたかわいそうなクリスに同情のクリック、よかったらお待ちしています!!